流れ星
高田義三師.jpg

          JMC代表理事 高田 義三

 

2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。発足してまだ日の浅いJMCでしたが、震災から4日後の15日には、フランクリン・グラハム師が総裁を務めるサマリタンズ・パース(SP)の救援活動の国内受皿として、働きを開始することになりました。被災地に救援物資を届けることがJMC最初の活動となり、以降ボランティアを派遣し続けています。
このような働きが始まることを、誰が予想したでしょうか。
しかし神様は、確かにこの日本を愛され、日本の人々の救いのためにご自身のご計画をお進めになっています。
この働きが、諸教会の祝福となり、イエス・キリストの福音が日本全土へ、アジアへ、全世界へ届けられるために用いられますよう、皆様のお祈りとご支援をよろしくお願い申し上げます。

「神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。」 Ⅰ テモテ 2章4節

​ご 挨 拶

◆ 役 員
代表理事

高田 義三(チャーチオブクライストニュージーランド日本 大阪教会 牧師)


理  事

石賀誠(ゴスペル ハイウェイ ミニストリーズ 牧師)

大橋謙一(武庫之荘チャペル – クライストコミュニティ牧師)

斎藤亘(日本イエス・キリスト教団 牧師)

杣浩二(NPO 法人神戸平和研究所 理事長)

富浦好之(日本福音教会 国分福音教会 牧師)

古林寿真子(単立 南大阪聖書教会 牧師)
松沢力男(日本ホーリネス教団 大阪栄光キリスト教会 牧師)

山下大喜(日本イエス・キリスト教団 服部喜望教会 牧師)

笠川徹三(日本同盟基督教団 墨田教会 牧師)

デイビッド・松本(米国)

協 力 者

三ツ橋 信昌(日本バプテスト教会連合 印南教会牧師)

法律顧問

持田 明広


監  事

梅津善一、岡本慎一

この働きのため、お祈りとご支援をお願いいたします。